読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじらせ女子のつまらない出来事

長めの文章が好きな方へ

スポンサーリンク

痩せていないとダメとは思わないけれど、太っていると自信が持てないよね、という話

美容・健康 日常生活 考えごと

最近の悩み。

目に見えて太ってしまったこと。

 

BMI20~21くらいの、痩せているとはとても言えないけれど、太ってもいないよね、というくらいの体重でしばらくきていたけれど、この秋~冬にかけて一気に体重が増えて、あっという間に3kgも増えてしまいました(涙)

これくらいの見た目だといいな、と思っていた頃に比べると、5kg近く増量している始末。数値的にも完全に危険水域に。

 

 

これくらい体重が増えてしまうと、いろいろなところで太ったことを実感せざるを得なくて、


ゆるゆるだったデニムがちょっときついとか、
下着がやや余裕がある→ぴったり→若干きついに変化したとか、
体にフィットしたトップスを着ているとお腹のラインが無残なことになっているとか(涙)、
写真を撮ると顔が丸いとか…


もう鏡を見るのがつらい…服を着ても楽しくない…(号泣)

 

もともと2kg程度の増減はよくある方で、わりと体重多な時期もここまで落ち込まなかったから、超えてはいけない線を越えてしまった感じがします。

年末年始やクリスマス、忘年会などイベント続きだったとはいえ、秋口から年末まで、一日15時間以上の労働を続けていて、運動不足だったとはいえ、こんなあっという間に太るとは…。完全に油断してました。

ストレスの名のもとに、差し入れの歌舞伎揚げを消費しながら仕事をしていたのが良くなかったに違いない…。全部仕事のせいだ!

睡眠時間を削り、もちろん遊ぶ時間はゼロ、ジムが開いている時間に帰宅できたためしがない、そもそもスーパーや買い物、病院すら行けない有様だったので、おやつくらいしか楽しみがないってものです。やっぱり全部仕事のせい!

 

なーんてことを言っていても、会社は私の体型の責任までは取ってくれません。

楽しく生活できれば別に痩せていなくても~、と思っていましたが、やっぱり鏡を見ていて落ち込むレベルだと、精神的に良くないですね。。

 

実は私、20代前半のころの数年間、今より10kgくらい太ってしまっていた時期があります。
私自身は、他人が太っていようが痩せていようが特にあまり気にならないけれど、やっぱり太っていることで冷たい目線で見られたり、露骨に見下した態度取ってくる人はけっこう世の中にいるんですよね。

体調を崩したことをきっかけに運動習慣をつけたり、実家を出て食生活を安定させたことで、あまり苦労せず痩せられたんですけど、そうなってみると、ご親切にも「お前が太ってたときにはさ~、こう思ってたんだよね~」(←色んなバカにしてたエピソードがあって書きたくないレベル)などと教えてくれた人までいました…。
太っていたときも痩せたときも、ごく普通の仲良しの同僚みたいな顔してたのに、そんなこと思ってたなんて全然気づかなかったよ!

太っているだけで、ここまで見下したりバカにしてもいいって思ってる人がいるんだなって、本当にびっくりしました。美意識が高いのは立派だけど、それを他人に向けて欲しくないし、もうあまり関わりたくないなぁと。

他人が太っているからって、その人に何か損害を与えるわけでもないのに…、なんでそこまでって。健康管理は本人の問題で、それ以上でもそれ以下でもないと思うんだけど。

 

美しければ価値があるとか、痩せていなければならないとは、私は思いません。

でもやっぱり、自信を持てないような体型でいるのは健全ではないのかなぁ、と思います。ますます堂々と振る舞えなくなってしまう気がします。

太りたくなかったのに太ってしまった→体型のコントロールもできない=セルフコントロールができない→ダメな自分、という認識につながってしまうので、そこでますます辛くなるんですよね。この気持は克服したい*1

朗らかに暮らしていくために、ダイエットしなきゃいけないなと気持を新たにしました。

 

ただ気になることが一つ。

太ったなぁと思い始めたこの頃の方が、モテている気が。
今月の男性からのお誘いと初デート件数が、たぶん過去最高だったんですけど・・・何でだろう?痩せない方がいいのか(笑)

 

↓ ちなみに、ワイヤレス活動量計UP、買ってみました(色:オートスペクトル)。
歩数計はもちろん、睡眠測定までしてくれるので楽しいです~

 

 この体重計、ワイヤレスで自動でアプリに体重を送ってくれるスグレモノ!
↑のUPと連動するので、同じアプリで体重も管理できます!便利な時代!

 

 この最新型は、心拍の測定もできるみたいです。走る人向けかな?

スポンサーリンク

*1:逆に言えば、この自虐的な感覚こそが問題であって、太っていること自体は問題ではないのかも…。