読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじらせ女子のつまらない出来事

長めの文章が好きな方へ

スポンサーリンク

「いずれは結婚したい」と思ったことがない人間は、「どうして結婚しないの?」にどう答えるか

このところ、「どうして結婚しないの?」「早く結婚しなよ」などと言われる機会が増えた。
たぶん、たいていのアラサー以上の独身女性は、多かれ少なかれこの手の発言に遭遇していると思うのだけど、私は母があまりこの手の発言をしないタイプだったこともあり、あまり経験がなかったので、「おおう!来たか!」と身構えている次第だ。

 

 よく友人が、「親が結婚しろってうるさくて~!」と愚痴っていたけれど、今更ながら少し気持ちが分かって来た気がする。

これまで、世間話の範疇で「ご結婚はされているの?」「いえ、まだ…」などと流せば、それ以上食いついてこない、スルーしてくれる人が多かったのだけど、いよいよ周囲が放置できない年齢になってきたということだろうか。

ちなみに、一番鬱陶しく、かつしつこいのは、年下の彼女に夢中になっている弟だ。「こういうことには順番が」とか、本当に面倒。

この手の発言をしてくる人は同僚(年に数回懇親会等で話す程度の関係)に多く、もちろん既婚者、もしくは婚姻暦がある人たちだ。


私は「どうして結婚しないの?」という問いに、どう答えたらよいのか分からない。

純粋な好奇心からきている場合もあるだろうが、「普通の人は結婚をしたがっているもの」「いずれは誰もが結婚するもの」という考えを突きつけられているような気がするからだと思う。

私は「いずれ自分は結婚するだろう」と思ったことはなかったし、「いずれは結婚したい」と思ったこともなかった。
思い返してみると、かつて一度もなかったと思う。

 

ただ、「一緒に人生を歩んでいくパートナー」や、「日常のあれこれを共有するパートナーシップ」に憧れはあったし、もし出来たらいいなと思う気持は今でもある。
ただ、ないと生きていけないなと思ったことはない。

上記の「パートナシップを得る手段が結婚」と考える人もいるだろうが、私は育った家庭や過去の経験からイマイチそう思えないので、なかなか難しいのかもしれない。

むしろ、このところ、少し人と会ったり、会話するだけでも疲れてしまったりするくらいなのに、この先誰かと付き合ったり、一緒に暮らしたりなんて出来るのかなぁ、むしろかなりしんどいんじゃないかなぁ、思ったりするくらいだ。

これは、私の心や体調が万全でないから、自信を失っており、意欲が低下してしまっているということなのだろうか。万全になれば変わる可能性もあるのだろうか。
分からないけれど、私はいまの自分ひとりの生活がなかなか楽しく、快適でとくに困っていないので、あまり突き詰めて考えなくても良いかな、という気がする。


なお、私は幸いにして、一人でこの先過ごしていても特に経済的、生活面での問題はない環境にいて、結婚したほうがリスクが上がってしまう。

先週の週刊東洋経済が述べていたように、甥や姪に老後の世話をさせるのかと兄弟姉妹を不安に陥れてしまう可能性はまああるのだが(笑)、それはむしろ、ある程度の資産を残すことで罪滅ぼしをしたり、自らの金銭で身辺の面倒を購うことが可能なのだと期待しているので、まあ許してもらえるのではないかなと思うのだ。


私は、プライベートな領域の問題に、他人が口出しするのを良しとしたくないところだが、そういった意味で扶養義務がある親族や、義務はないにしても社会的に期待されてしまう兄弟姉妹、親戚等が、「結婚しなさい」と口出ししてくるのは致し方ない部分があるとは思っている。

世間体の領域まで持ち出されると、もうどうして良いのか分からないのだが、身近な人間は私の行く末を心配してくれた上での発言であろうから、水に流しておきたいなぁとは感じている。

 

現在、20代の男女は我々より保守的で、結婚願望が強く現実的であるというが、実際に私の周囲でもそういった傾向は感じている。
「遊びたい」という発言が出るのは同世代以上が多く、明確に下の世代になるとあまり聞くことがない。

そんな中で、「結婚が人生設計に入ってこない人」、「ふつうに結婚したいと思えない人」はきっと私よりも肩身が狭いだろうと思う。

そういった人には、経済力をつける努力をすることがとにかくお勧めだ。
そして、家事能力を身につけ、できたら趣味もつくり、ひとりで楽しく生活していける基盤を作ることが肝要になってくる。

上記の一つでも欠けていたら、きっと私も不安でたまらなかっただろうし、深刻な悩みを抱えていただろうと思う。深く考えての行動ではなかったにしても、運が良かったのだ。

 

ただ一つ言えるのは、こんなことを書いていても「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」とは、まったく思っていないということだ。

深刻に悩んでいるわけではないにしても、「どうして結婚しないの?」という視線がしんどく感じられるし、世の中でいう「普通」に入れていないことや、結婚・出産という社会的な期待に応えられない苦しさはしばしば感じるし、逃れることは出来ないでいる。


さらっと受け流す良い文句はないものか、と、日々思って過ごしているくらいなのだ。どなたか、何か良い方法を知っていれば、ぜひ教えて欲しい。