読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじらせ女子のつまらない出来事

長めの文章が好きな方へ

スポンサーリンク

Kindle Paperwhiteを買ったので、開封レポートするよ

日常生活
出社したら、Kindle Paperwhiteが届いていました。

f:id:tigtig8:20131205162011j:plain

せかっくなので、開封レポをお届けします。

 Kindle Paperwhiteとは

 Kindleとは、Amazonが発売している電子書籍リーダーです。

発売開始は2007年のこと。

当時はまだ重いし、日本語コンテンツもほとんどないということで、購入しようとは思わなかったけれど、最近、電車でも持っている人が増えた気がします。

調べてみると、講談社などの大手出版社はもちろん、ベストセラーも多数Kindle対応しているようです(進撃の巨人(12)とかね)。

とくに魅力的なのが、通常の書籍とは異なり、電子書籍なので、再販制度の対象外であり、Amazon側が自由に価格設定しているということ。

つまり、本屋さんと違って、割引あり、半額セールあり。
シリーズものの場合、1巻のみ無料ダウンロード可であったりします。

現在は、1200社が50%オフになる、

Amazon.co.jp: Kindle本 冬のセール: Kindleストア

を実施していますし(1/5まで)、講談社の書籍は、ポイント30%還元を実施中です。

こーんな書籍も対象だったりして。

 

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った (角川書店単行本)マリアビートル (角川文庫)氷菓 (角川文庫)ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

 

 

 

いずれも50%オフ以上。氷菓なんて、220円です!!

 

現在入手できるKindleには、大きく分けて電子書籍リーダーに特化したKindlePaperWhiteシリーズと、タブレットPCを兼ねているKidle FireHDシリーズ(OSはFire OS 3.0 「Mojito」という独自OS)があります。

 

Kindle Fire HDX 7 16GB タブレット

Kindle Fire HDX 7 16GB タブレット

 

 その他のサイズ:Kindle Fire HDX 8.9 16GB タブレット

 

すでにiPadを所有しているので、タブレット機能はいらないかな、と思い、今回はKindle Paperwhiteをチョイスしました。

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

 

 私が購入したのはこのモデル(9980円)。wi-fi接続のみのモデルです。

その他に、Kindleストアとウィキペディアへの接続のみ無料で3G回線が使えるモデルもあります(5000円高い、14980円)。

Kindle Paperwhite 3G(ニューモデル)

 

自宅はすでにwi-fi環境があるし、外出先で使うときも、iPhoneのデザリング機能で十分だろう、ということで、とりあえずwi-fiモデルを選択。

しかも、wi-fiモデル限定で、12/31までに購入・登録が完了した場合、1980円のKidle商品購入に使用できるクーポンがもらえます。

http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?&docId=3077731256


セール中の書籍でしたら5、6冊は買えますし、最初に本棚を充実させるには十分な金額かと。

しかも、一度充電すれば、バッテリーが8週間も持つらしい。ホント??


購入後、 翌日には届きました。

 

それでは、開けてみる

 
f:id:tigtig8:20131205161619j:plain 黒光りするAmazonロゴ。ちょっとかっこいい。
 
f:id:tigtig8:20131205161637j:plain 本体、USBケーブル、説明書のみのシンプルな構成。
説明書には、ケーブルでPCにつないでね、という程度のことしか書いてありません。
 
このUSBケーブルで充電もします。
充電アダプター等を購入しなくても、市販のプラグにつなげば、コンセントからも充電可能です(たとえばiPhoneの付属品でも可)。
 
f:id:tigtig8:20131205162023j:plain 早速PCにつないでみる。日本語選択画面。

取り出した感じは、とても薄いです。
少し横幅が広い新書、といったサイズ感。

ディスプレイはざらざらしていまして、指紋もまったく目立ちません。
フィルムは貼らなくても大丈夫かも。

 
f:id:tigtig8:20131205162035j:plain アカウント連携画面画出てきたので、このブログのTwitterアカウント(@tigtig8_hatena)に紐付けしてみます。
 
f:id:tigtig8:20131205162049j:plain 設定完了。1分くらいでした。
 

さっそく書籍購入&ダウンロード

 
購入はPC経由の方が便利
まずはストアを検索、と思ったのですが、私のiPhoneでデザリングしている回線がいけないのか、なんだかとてもモッサリしてる、、(´・ω・`)
(後で再度試した時は問題なしだった。たまたま電波が悪かっただけのよう)

検索もなかなかままならないので、PCのAmazonストアを見ていると、
こちらのKindleストアで書籍を購入しておけば、KindleをWi-Fiに繋いだ際に自動で転送してくれることに気づきます。

なるほど、こっちの方がブラウズが簡単なので、セール情報サイトをチェックしつつ、検索をかけてみます。

こちらを参考にしました。


買ってみた本

レビューが面白そうなSFでした。¥100
ビスケット・フランケンシュタイン (メガミ文庫)

ビスケット・フランケンシュタイン (メガミ文庫)


タイトルがなんか素敵だったから ¥220

氷菓 (角川文庫)

氷菓 (角川文庫)

佐藤賢一さん、王妃の離婚おもしろかった。 ¥683
文庫で買うと860円です。

カルチェ・ラタン (集英社文庫)

カルチェ・ラタン (集英社文庫)


漫画版より前の時代を描いたラノベ版。
講談社30%還元セールしてるし。 ¥525

進撃の巨人 Before the fall (講談社ラノベ文庫)

進撃の巨人 Before the fall (講談社ラノベ文庫)


少し読んでみて

ビスケット・フランケンシュタインのみ、数ページ読んでみましたが、iPhoneなどで読書するよりずっと読みやすいです。

画面が目に優しくて、ちょっと新聞紙みたいな感じだからかな。

Amazonプライム特典は期待はずれ

Amazonプライムの会員は、Kindleオーナーライブラリーにて、毎月一冊無料でダウンロードできる特典があります。

これは島田荘司の新刊ハードカバーにするか!とワクワクしていたのですが、
国内有名作家の書籍はほぼ対象外でした。

比較的、きいたことがあるタイトルは、以下くらいかな、、

夢をかなえるゾウ

いつまでもデブと思うなよ・電子版プラス

まだ探し切れていないのかもしれませんが…

プライム会員だし、買わなきゃ!という購入動機はオススメできません。


まとめ


手に持った感じ、本を開いてる時に馴染む感じはとても良いです。

ちょうど、長期の海外旅行を控えているもので、お得なタイミングで購入できたと思ってます。

使用感などはまた後日。

以上、Kindle開封レポでした。